he was using the phone

同人誌のこれからについて

a man using the laptop

有名エロ漫画家の作品には飽きてしまった、という方にイチオシなのが同人誌です。同人誌とはアマチュアの作家が制作した作品のことで、完全に趣味レベルで描いている方もいればセミプロのような活動をしている同人作家もいます。コミケットに行けば同人作家が描いたエロ同人誌なども手に入れることができますし、中には非常にクオリティが高い作品も存在します。エロ同人作品の価格は作家によってまちまちですが、最近では同人作品もネットで公開したり配信したりするケースが多くなりました。そのため、紙媒体の本の価格は以前に比べて安くなっていくのかもしれません。あくまで予想ですから、実際にはこれから先どうなるか神のみぞ知るといったところです。

同人誌の歴史は非常に長いと言えます。非営利色の強い同人誌は、個人の趣味レベルで描かれることも多いですし、古くから趣味として漫画を描いていた方はたくさんいたからです。もともとは、高校や大学などの文化祭や、作者の周辺といった一部の狭い範囲でしか流通していなかったものですが、昭和50年に第一回のコミックマーケットが開催されたことによって同人作家を取り巻く環境は一変しました。それ以降同人作家の数も増え続けましたし、コミックマーケットは今でも開催される一大イベントにまで成長したのです。現在ではコミックマーケットでの流通はもちろん、インターネット通販で購入することもできますし、デジタルコンテンツとして手に入れることも可能です。